将来に備えて住み替えるべき?シニアの住まいに関する悩みを解決!

公開日:2022/11/01

今の家を売却して住み替えるべきか、今の家をリフォームして住み続けるべきか、シニアの住まいに関する悩みは色々あるでしょう。家族も含めて相談することになりますが、住まいの相談窓口に相談する方法もあります。相談は何度でも無料で、相談者の希望に沿った物件を提案します。住み替えやリフォームで悩んでいる人は参考にしてください。

将来に備えて住み替えやリフォームをするべき?

生活に不便を感じるようになったときが考えるタイミングです。家族やプロに相談してみましょう。

プロに相談してみよう

今の家から新しい家に住み替えたほうがよいのか、今の家をリフォームしたほうがよいのか、悩むことが多いでしょう。また、自分だけではなく家族の意向なども踏まえなくてはいけません。そのようなときは、家族だけで話をする方法がありますが、プロに相談する方法もあります。

プロに相談するメリットは、同じような案件をたくさん抱えているので、よりよいアドバイスをもらえることです。住み替えやリフォームは、身体機能の衰えや子どもが独立して使用しない部屋が増えたことなどが原因でしょう。最適な方法を一緒に見つけてくれるので安心してください。

シニアが相談する前に気をつけるべきこと

住宅ローンの返済額と老後資金のバランスを保つようにしましょう。

借入金額を増やし過ぎないようにする

頭金0円で住宅ローンが組めるようになってきています。しかし、シニアの場合は借入金額を増やし過ぎないようにしましょう。30~40代が住宅ローンを組むときは、将来的に年収が増える希望があります。そのため、借入金額を増やしても、生活しながら住宅ローンを返済できます。

しかし、シニアの場合は年収が増える可能性が低いです。退職金、年金、貯金が主な予算となるので、老後資金を削りながら住宅ローンを返済する生活に苦しめられないようにしましょう。

返済期間は65歳までにする

65歳で定年退職を迎える企業がほとんどです。退職前までは毎月必ず給料が支給されていましたが、退職後は収入が減少するでしょう。住宅ローンの返済は、毎月の収支バランスを考慮して計画しなければいけません。できれば65歳までに住宅ローンの返済を終えるようにしましょう。

そのためには、返済期間を短くする方法があります。こちらのメリットは、利子を多く払わなくてもよいことです。デメリットは、月々の返済額が多くなるので負担が増すことです。返済計画は緻密に立てましょう。

不動産会社に相談するメリット・デメリット

メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

今の家を売却して住み替え先を探してもらえるメリット

売却から住み替えまでワンストップで対応してもらえるメリットがあります。具体的に今の家を売却したい時期を伝えておくと、不動産会社もその時期までに売却活動を実施するようになります。

また、住み替え先も提案してもらえます。予算、エリア、希望条件などを伝えると、複数の候補を提案してくれます。そして、お互いの信頼関係が構築されているので、話が早く進む可能性があります。

新居に引っ越しするための予算が立てにくいデメリット

今の家が売却できる見通しであれば、売却価格を住み替え先の予算として計上できますが、売却が成功するとは限りません。今の家が売れ残った場合は不動産会社に買い取ってもらうのか、期間を延長して売却活動を継続するのかを事前に考えておく必要があります。

そのためにも、ある程度手元に予算を準備しておくことが大切です。売却がうまくいかないことも想定して住み替え先を探しましょう。

住まいの相談窓口に相談するのがおすすめ

気軽に何度でも利用できのが魅力です。

相談は何度でも無料

相談は無料です。また、物件の紹介も無料です。何度でも通えるので安心してください。まずは相談だけでも大丈夫です。住まいの相談窓口では、中立的な立場で物件を紹介してもらえるので、無理な勧誘や契約を迫るようなことはありません。シニアの相談者に合わせた対応ができます。

料金や希望条件を考慮した物件を紹介してくれる

住まいの相談窓口では、料金や希望条件を考慮して物件を紹介してくれます。また、住まい探しの専門家なので、駅や病院までのアクセスのよさやスーパーの近くの住まいなどを提案してくれます。シニアであれば、駅前にあるマンションが人気です。車を運転する機会が少なくなることが予想されるので、主要施設に徒歩、バス、電車などで迎える場所がよいでしょう。

また、駅前にあるシニア向けマンションでは、入居者であれば無料で利用できるジムや大浴場などが備え付けられている場合があります。希望する場合は条件として提示しましょう。

まとめ

住まいの相談窓口は、誰でも気軽に相談できます。スタッフは中立的な立場で相談者をサポートするので、無理な勧誘はありません。特定のメーカーの物件だけを紹介することもありません。安心してサービスを利用できます。伊丹にも住まいの相談窓口があるので、営業時間内に足を運んでみましょう。同じような悩みを抱えている人のサポートをこれまでも行っているので、相談者の心情にも配慮したアドバイスがもらえるでしょう。

伊丹市でおすすめの住まいの相談窓口5選

イメージ
会社名おうちの相談窓口スーモカウンターホームズカウンターホーム4Uアウカ
特徴家づくりの相談からアフターサポートまで、無料で充実のサービスを受けられるスムーズな家づくりをサポート。店舗だけでなく家からの相談にも対応ハウジングアドバイザーが中立な立場で、さまざまな面から家づくりをサポート無料のオンライン相談で、自宅にいながら効率的に家づくりを計画できるLINEで気軽に相談できる。希望をかなえる会社を厳選して紹介
詳細リンク

おすすめ関連記事