住まいの相談窓口にいたら安心?住まいアドバイザーとは

公開日:2022/11/01

住まいアドバイザーは、相談者に最適な建築会社や不動産会社を紹介する人のことです。日本全国のモデルルームや不動産会社などで活躍しています。住まいの相談窓口にも住まいアドバイザーは在籍しています。相談者に寄り添って丁寧にサポートしてくれるので、安心してサービスを利用できます。

住まいアドバイザーとは

住まいと人の架け橋のような存在です。全国で活躍しています。

住まいと人を繋ぐプロフェッショナル

注文住宅やマンションの購入を検討している人のニーズを汲み取り、住まいを提案する仕事です。住まいと人の架け橋のような存在なので、業務内容は多岐にわたります。物件の紹介だけにとどまらず、契約書の作成支援や接客なども行わなければいけません。スペシャリストよりもジェネラリストのイメージです。

また、家族で物件探しを検討している人の相談では、子どもの学資保険や学校周辺の交通事情なども知識として保有しておく必要があります。そのためには、住まいに関する知識だけではなく、広い分野でアンテナを立てておくことが求められています。

地域密着型のモデルルームや不動産会社に在籍しているのに、地域情報に疎いと相談者が心配になるでしょう。色々と勉強しておく必要がある職業ともいえます。

日本全国のモデルルームや不動産会社などで活躍している

大手住宅メーカーから小規模の不動産会社まで、就職先はさまざまです。大手住宅メーカーでは、住宅展示場に来場し人の案内や相談に応じることが多いです。小規模の不動産会社では、物件の紹介だけではなく契約書作成の支援なども行うでしょう。

このように、住まいアドバイザーという役職でも業務内容は就職先により異なります。全国で勤務できるメリットはありますが、正社員に登用される前に派遣社員を経験している人が多いです。また、パート勤務者もいます。

住まいに関連する資格を保有していると有利になる

資格や学歴が問われる職業ではありません。ただし、住まいに関する事項について知識を保有しておくことが必要なので、宅地建物取引士やインテリアコーディネーターのような資格を保有していると有利です。正社員として登用されたい人は積極的に資格を取得しましょう。

専門学校に通って合格を目指す方法がありますが、自宅などで通信講座を受講して合格する方法もあります。ただし、宅地建物取引士は難易度が民間資格と比較して高いので、自宅で勉強するだけではなく、模擬試験などは専門学校で受験して、本番の感覚と自分の実力を知っておきましょう。

住まいアドバイザーの役割

住まいに関する知識だけではなく、相談者の話を丁寧に聞く力も求められています。

相談者に最適な建築会社や不動産会社を紹介する

相談者に寄り添いながら、最適な建築会社や不動産会社を紹介する役割があります。ただ会社を紹介するだけではありません。相談者が何に困っているのかを丁寧にヒアリングして提案することが求められています。このため、カウンセリング技術に長けている人には向いているでしょう。

反対に、自分の意見を押し通そうとする人は、相談者から威圧的ととらえられる可能性があります。人とコミュニケーションをとるのが好きな人にはおすすめです。

住まいアドバイザーがいる住まいの相談窓口を選ぶメリット

メリットを4つ紹介します。

住宅ローンの返済額や借入金額などを相談できる

資金計画の分野も相談できます。収支バランスを踏まえて返済額を決定しますが、住宅ローンを返済することに必死で生活に余裕がないと苦しくなります。そのようなことにならないようにアドバイスを求めましょう。

また、前年度の世帯年収をもとに借入金額の上限が設定されますが、今後の年収の推移も踏まえながら借入金額を決定します。

建築会社や不動産会社の特性を踏まえて提案してくれる

会社の得意分野と相談者のニーズがマッチしている場合、積極的に提案してくれるでしょう。たとえば、主婦目線で水回り設備のアドバイスをしてくれる設計士が在籍している建築会社を紹介してくれることがあります。料理が得意な主婦が相談者の場合は喜ばれるでしょう。

注文住宅とマンションの違いなどを解説してくれる

注文住宅にもマンションにもメリットとデメリットがあります。しかし、それを比較している人はあまり多くありません。今の生活だけを考えるのではなく、老後生活も見据えてどちらが適しているのか考えてみましょう。

これまでの相談実績を踏まえたアドバイスを受けられる

毎日住まいに関する相談を受けているので、これまでの実績が豊富です。同じような事例を紹介してもらえるかもしれません。このような情報は実際に相談しないと得られにくいのでメリットが大きいでしょう。

まとめ

住まいアドバイザーは、住まいの相談だけ対応しているわけではありません。資金計画の相談や、これまでの相談実績を踏まえたアドバイスもしてくれます。住まいに関する知識が豊富なので、注文住宅を建てる前にサービスを利用してみましょう。

自分が知らなかったことを知れるチャンスです。相談は無料なので気軽に足を運べます。住まいの相談窓口は伊丹にもあるので、近くの人は出かけてみましょう。

伊丹市でおすすめの住まいの相談窓口5選

イメージ
会社名おうちの相談窓口スーモカウンターホームズカウンターホーム4Uアウカ
特徴家づくりの相談からアフターサポートまで、無料で充実のサービスを受けられるスムーズな家づくりをサポート。店舗だけでなく家からの相談にも対応ハウジングアドバイザーが中立な立場で、さまざまな面から家づくりをサポート無料のオンライン相談で、自宅にいながら効率的に家づくりを計画できるLINEで気軽に相談できる。希望をかなえる会社を厳選して紹介
詳細リンク

おすすめ関連記事